情報活用能力 #東京モデル

情報活用能力を計画的に育成する

情報活用能力とは、世の中の様々な事象を情報とその結び付きとして捉えて把握し、情報及び情報技術を適切かつ効果的に活用して、問題を発見・解決したり自分の考えを形成したりしていくために必要な資質・能力です。児童・生徒の発達の段階を考慮し、各教科・科目等の特質を生かし、教科等横断的な視点に立って育成します。
東京都教育委員会は、一人1台の時代に必要となる力を育成するため「情報活用能力 #東京モデル」を作成しました。「東京モデル」は、発達段階を踏まえ、ステップごとに育成したい資質・能力を示しています。
これらを基に、指導事例を検索し、情報活用能力を計画的に育成しましょう。

情報活用能力 #東京モデルのステップ図はPC版サイトでのみ閲覧が可能です。
メールでURLを送る

  • 基本的操作分野

    ステップ図(抜粋例)

    基本的操作分野ステップ図

    情報活用能力ステップ図
    「基本的操作」分野

    「基本的操作」分野ステップ図
  • 情報活用分野

    ステップ図(抜粋例)

    情報活用分野ステップ図

    情報活用能力ステップ図
    「情報活用」分野

    「情報活用」分野ステップ図
  • プログラミング分野

    ステップ図(抜粋例)

    プログラミング分野ステップ図

    情報活用能力ステップ図
    「プログラミング」分野

    「プログラミング」分野ステップ図
  • 情報モラル・セキュリティ分野

    ステップ図(抜粋例)

    情報モラル・セキュリティ分野ステップ図

    情報活用能力ステップ図
    「情報モラル・セキュリティ」分野

    「情報モラル・セキュリティ」分野ステップ図

情報活用能力 #東京モデル
(各分野のステップ図を合体したもの)

情報活用能力 #東京モデルサムネイル

学年から調べる

カテゴリから調べる